産業医科大学産業生態科学研究所 健康開発科学研究室

特定健診・特定保健指導

特定健診(特定健康診査)

平成20年4月より、内蔵脂肪型肥満に着目した特定健康診査・特定保健指導の実施が医療保険者(国民健康保険・被用者保険)に義務づけられました。特定健康診査・特定保健指導は40歳以上75歳未満の被保険者・被扶養者が対象となります。
生活習慣病の予防・早期発見のためにも積極的な受診をお勧めします。

【表1】特定健診項目

必須項目 質問票(服薬歴、喫煙歴 等)
身体測定(身長、体重、BMI、腹囲)
理学的検査(身体診察)
既往歴、自覚症状、他覚症状
血圧測定
血液検査
脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
血糖検査(空腹時血糖、HbA1c)
肝機能検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GT(γ-GTP))
尿検査(尿糖、尿蛋白)
詳細な健診項目 心電図
眼底検査
貧血検査(赤血球数、血色素量、ヘマトクリット値)
血清クレアチニン検査

*健康保険組合以外で健診を受けた場合でも上記特定健診項目について結果データを提供することにより、特定健診を受けたことになります。

特定保健指導

特定健診の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、専門スタッフ(保健師、管理栄養士など)が生活習慣を見直すサポートをします。

【表2】特定保健指導対象者の選定方法

特定保健指導対象者の選定方法(表2)により「動機付け支援」「積極的支援」に該当した方に対し実施されます。

動機付け支援 個別面接またはグループ支援を原則1回行い、対象者が自らの生活習慣を振り返り行動目標を立て行動に移し、その生活が継続できることを目指した支援。6ヶ月後に通信等(電話・eメール・ファックス・手紙等)を利用して評価を行います。
積極的支援 動機付け支援に加え、3ヶ月以上の定期的・継続的な支援(電話・eメール・ファックス・手紙等を利用)を行い、対象者が自らの生活習慣を振り返り行動目標を立て行動に移し、その生活が継続できることを目指した支援。6ヶ月後に通信等を利用して評価を行います。

詳細な標準的な健診・保健指導プログラムは厚生労働省のHPをご参考してください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000194155.html

PAGE TOP